この社長と働きたい
全国の学生が選ぶ
チャーミングな社長No.1決定戦!

アワード概要

どのようにして若い世代を惹きつけるか、全ての企業の課題ではないでしょうか。
今後、時代をリードしていく社長は、自ら積極的に発信し、学生の心を捉え、強いリーダーシップを発揮していかなければなりません。
そこで今回、社長チップスでは、学生を惹きつけるチャーミングさに秀で、時代をリードしていく社長を選出するためのアワード
Charming Chairman’s Club CHAMPIONSHIP 2019 を開催しました。

この大会の最大の特徴は、審査員が学生という点。
選抜された学生を中心とした審査委員会が設置され、エントリー社長の中から1次審査、2次審査を経て100名が決定
( 2019 Charming Chairman 100 )、その後さらなる審査が行われ、本選大会に出場することができる
5名のファイナリストが選出されました。
ファイナリストは、本選当日、学生や審査員の前でプレゼンテーション。
チャーミングな社長と判断されるために設定されている審査基準6つの総合得点でCHAMPIONの座を競いました。
CHAMPIONに輝いた社長には、この大会のためにオリジナルで企画された天童木工製作による
社長のための椅子=CHAMPION CHAIRが贈呈され、
その他ファイナリストには、スポンサー賞などの特別賞も贈られました。

開催日:2019年4月10日(水)「社長の日」
※日本記念日協会認定(CEOの語呂合わせから)
会 場:虎ノ門ヒルズフォーラム
参加者:社長&学生 約600名

株式会社サラダボウル

代表取締役
田中 進

事業内容

農産物の生産・販売、農産物の加工、農産物の小売、農作業の請負・農地の管理、農業経営コンサルティング、農産物の企画・開発

人や社会が荒み、毎日、心が痛む凄惨なニュースを目にします。
私たちは農業で社会や地域を豊かにしたいと本気で考えます。
自ら実践者として社会課題を解決する「農業の新しいカタチ」に挑戦し続けます!!

学生からのコメント

  • 0から1を作ることを成し遂げるパワーや農業に対する働き手から見たネガティブな点を払拭しようと試みている点など仕事環境を力を入れて変えようとしていて仕事したい理想の上司に最も近い方だった。(中央大学3年 男性)
  • 多くの人を幸せにしたいという想いが全ての社長さんにある中で、当たり前を創るというさらに先の多くの幸せのために動いているところに感銘を受けたから。(東海大学3年 男性)
  • 社長の農業を変えたいという気持ち、そしてその強い思いの仲間と共に、出来ないと言われ続けた事にチャレンジし、地域から世界に羽ばたこうとしている社長の元で、未来に進んでいきたいと思ったからです。(敬愛大学4年 男性)
  • 「今までできない理由を、否定を浴びさせられてきた、前例がないと言われてきた」そんな中でこれほど会社を素晴らしく成長させ、夢を実現させたから。(青山学院大学3年 女性)

株式会社アヤベ洋菓子

代表取締役社長綾部 哲嗣

事業内容洋菓子OEM受託メーカー

学生からのコメント

  • ずっと野球を極め続けてきて、それができた社長だからこそ、仕事も熱い想いで成功に社員を導けると思ったから。社員への愛と笑顔と熱い想いを大切にしているのが素敵だと思ったから。(慶應義塾大学2年 女性)
  • 学生時代のご経験から一貫して”仲間”を大切にしている経営者の方であり、この会社の従業員の方々は幸せに働いていると想像し、またこの社長と一緒に働きたいと思いました。(慶應義塾大学2年 男性)
  • 野球少年から社会に出て、家業が潰れそうなのを救い、更に新しいブランドを立ち上げて会社を成長させようとする熱い想いが伝わったから。(同志社大学4年 男性)

アルム株式会社

代表取締役社長荒嶋 望

事業内容採卵養鶏業

学生からのコメント

  • 衰退しつつある農業に対してのチャレンジ精神に感銘を受けたので。(立教大学2年 女性)
  • 感性を磨きながら実務をこなすことで自己成長と会社の成長を両立しているし、日本のみならず海外にも利他の精神でビジネスの場を広げようとしているのはすごい影響力だと思ったから荒嶋さんを選びました。(日本大学3年 男性)
  • デザインを通した遊び心をもったユニークな夢や事業を展開されていて、ワクワクした。一緒に働いた時に、ワクワクを共有できそうな気がした。(立教大学4年 男性)

エン婚活エージェント
株式会社

代表取締役社長間宮 亮太

事業内容オンライン婚活
エージェントの運営
結婚・家族に関わる新規事業開発

学生からのコメント

  • 自分の辛い原体験を元に、同じ思いになる人を作らない。原体験を元に夢を掲げ、実現していくことに思いの強さを感じた。(明治大学4年 男性)
  • ご自身の原体験を基に、多様化する家族社会の課題を根本的に解決しようとする真摯な姿勢に胸が打たれた。結婚を機に不幸を被ることはとても悲しい。だからこそ、結婚後の幸せを実現することは非常に大切なことであり、間宮社長の想いに深く共感した。(東京女子大学3年 女性)
  • 夢とは想いを実現する、という言葉が今の自分への励ましの言葉でもありました。自分を信じて、仕事をやっている姿、インパクトが凄すぎました。(創価大学3年 女性)

株式会社八光殿

代表取締役社長松村 康隆

事業内容葬祭サービス業

学生からのコメント

  • 最後のメッセージの、「目の前の人を幸せにしよう、生きていることに感謝しよう、そしてともに幸せな社会を創造しよう」に感銘を受けたからです。(神奈川大学4年 女性)
  • 今、この瞬間を大事に生きると言った言葉は胸に突き刺さりました。また社会を良くするためには社員の幸福を追求するというのが印象的だったので投票しました。(東京未来大学4年 女性)
  • 日々人の死と向き合う仕事をなさっている松村社長だからこその説得力のあるプレゼンでした。今生きてることに感謝し周りの人を幸せにしよう、という力強い呼びかけが心に響き、涙腺が緩みました。(大学名未記入 男性)

主催者コメント

人材不足で売り手市場の昨今、新卒採用のため積極的に動いても説明会に学生を集めることすら困難な状況です。私自身が社長という立場で学生と接する中感じてきたことは、上辺だけのコミュニケーションではなく、
社長が1人の人間として向き合うことで、学生からの共感や支持を受けられるのではないかということでした。
社長と学生の関係が友達から始まる、そんな世の中になってきたのかもしれません。
大学生の立場から考えても、若い頃は強い牽引力を持ったリーダーの近くで学ぶほうが、多くの実践的スキルや起業マインドなどを一気に吸収できます。
ゆえに大切なのは、どこで働くかではなくどのリーダーに付いていくかではないかと考え、“チャーミングな社長を学生が選ぶ”というアワードを開催させていただきました。

今年が初回の開催ではございましたが、会場は社長と学生で溢れ返るほど盛況となり、改めてこの取り組みの必要性を実感したと同時に、社長からも学生からも両者と気さくに交流できる場に参加できた喜びのお声を多数いただきました。
社長が学生目線を意識し、学生も、社長の人生や事業を通して実現したい夢に触れることができる、そんな貴重な場を創出することができたと感じております。
また見事今回CHAMPION、 FINALIST、BEST100に輝かれた社長(Charming Chairman)の皆さんは、本当に一人一人のチャーミングさが際立ち、それぞれの社長にキャッチコピーを学生が名付けたほど、「この社長と働きたい」と思わせる魅力溢れる社長ばかりでした。
来年の4月10日にも第2回として開催する予定となっておりますので、また新たなCharming Chairmanが登場することが非常に楽しみであり、同時にCCC(Charming Chairman’s Club)の取り組みとしては、メディアパートナーとしてForbes JAPANと連携する中、アワードのみならず全国様々な地域において、意欲溢れる社長と学生を繋げていくツアーを開催していきます。
日本中の社長と学生が参加できる企画となっており、さらに活気ある取り組みへと盛り上げて参りますので、
今後も是非ご注目ください。

株式会社ESSPRIDE 代表取締役CEO 西川世一

当日参加の学生のコメント

協賛スポンサー